TechTargetジャパン

レポート
DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説
 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。 DDoS攻撃の対策には、大き...(2017/2/27 提供:日本ラドウェア株式会社)

技術文書
DDoS緩和サービスの見極め術――本当に大規模かつ最新の攻撃を阻止できるのは?
 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の規模は現在も拡大を続け、簡単に攻撃が可能なサービスの出現などの影響で、被害を受ける企業や組織の範囲も拡大している。それを受け、DDoS緩和サービス市場に次々にベンダー(緩和サービスプロバイダー)が参入し提供を始めている。し...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
2016年度版DDoSレポート:2015年までの動向と分析から予測した最新トレンド
 クラウド型のDDoS対策サービスをグローバルで提供するCDN専門企業による、2016年度のDDoS攻撃レポートが報告された。調査対象は日本をはじめ、アジア諸国、欧米諸国と全世界に渡り、調査期間は2013年から2015年の継続的なデータが集計されている。また2016年の予測とと...(2016/3/16 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由
 近年におけるDDoS攻撃では、検知が難しい「少量のトラフィックで攻撃先に大きな影響を与えるDDoS攻撃」が増えている。このような攻撃方法に対して、クラウド型DDoS対策による対処は困難だ。また、仕組み上、クラウド型DDoS対策では、攻撃検知から対策開始までに数十分の...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
DDoS攻撃のリソースとして悪用されたIoT機器が引き起こす大規模攻撃の実態
 IoTデバイスが一体となってターゲットに攻撃を仕掛ける、300Gbps級のDDoS攻撃が一般化してきている。ボットネットマルウェアやリフレクションDDoSを仕掛ける踏み台として、安全性を十分に確保できていないIoTデバイスは格好の餌食となっている。 IoTデバイスの増加が続...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
IoTデバイスが加速させる300Gbps超の大規模DDoS攻撃の実態とは?
 全世界で普及が進んでいるIoTデバイスが、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃のリソースになっているという。攻撃者は、マルウェアやリフレクションDDoSの踏み台として、セキュリティの脆弱(ぜいじゃく)なIoTデバイスを使っているのだ。 これにより、従来とは比べものに...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
マルウェア感染でIoT機器がボットネット化 大規模DDoS攻撃の脅威と必要な対処
 IoTデバイスの急増により、ボットネットマルウェアによるDDoS攻撃の脅威も増加している。特に大規模な攻撃が行われた例として知られるのが、「Mirai」マルウェアによりボットネット化されたIoTデバイス群が、大規模なDDoS攻撃を実行したという事例だ。 こうしたIoTデバ...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
623GbpsのDDoS攻撃にも対応、「Mirai」ベースの攻撃を緩和した耐障害性設計とは
 IoT機器を踏み台にした大規模な分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の脅威が増している。中でも大きな被害を出したことで知られるのが、ボットネットマルウェア「Mirai」だ。2016年には、Miraiを利用した最大で623Gbpsにも及ぶDDoS攻撃が、同一ターゲットに対して数日にわた...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?
 企業におけるDDoS対策の遅れを懸念する声が増えている。サーバやネットワークインフラへの投資と違い、その必要性と費用対効果の把握が難しいDDoS対策に投資をする経営者が少ないためだ。しかし、攻撃による被害は深刻の度を増している。 2016年にはネットワークカメラ...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
DDoS最新調査報告 誰が、どこから、どれくらいの攻撃を仕掛けているのか?
 2015年第2四半期の最新情報によると、ネットワークレイヤーに対するDDoS攻撃は最大253Gbpsの規模で実行され、全攻撃の20%が5日間にわたって、最も長いものでは64日間連続で行われた。同様にアプリケーションレイヤーへの攻撃では、最長で8日間行われたことが確認されて...(2015/9/4 提供:株式会社Imperva Japan)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2017/9/5 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
DDoS攻撃を絡めた複合型攻撃をどう防ぐ? 多層防御にCDNが有効な理由
 DDoS攻撃などの古くから存在する攻撃手法が、現在もWebサイトに対する深刻な脅威であり続けているのはなぜだろうか。その大きな理由として、複数の攻撃手法を組み合わせることで、従来のセキュリティ対策を無効化できることが挙げられる。 近年増加する、DDoS攻撃とSQL...(2017/1/19 提供:ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社)

レポート
数字と図解で分かる「DDoS攻撃」:2017年のセキュリティを短時間で理解
 ボットネットマルウェアの「Mirai」など、DDoS攻撃の脅威については2017年も続いているのが実態のようだ。主要セキュリティベンダーによるレポートでは、100Gbpsを超える大規模なDDoS攻撃はあいかわらず実行されており、単一のインフラでは対応できる範囲を超えてしまっ...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
2017年は大規模攻撃と反復攻撃に要警戒、5分で分かるDDoS攻撃の統計と傾向
 2016年に続き、2017年に入ってもマルウェア「Mirai」をはじめとするDDoS攻撃が企業を脅かしている。主要セキュリティベンダーによれば、2017年の第一四半期だけで確認したDDoS攻撃は3174件。攻撃の規模こそ縮小傾向にあるが、最大規模は120Gbpsに及ぶものもあり、オンプ...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
DDoS攻撃対策を成功させるために必要なこと、ADCやWAFを効果的に活用する方法
 近年、DDoS攻撃の対象は広がり、大規模サイトだけでなく、中小事業者もターゲットにされる可能性が指摘されている。また、一般的にDDoS攻撃といえば、大量のパケット送信によりサイトをダウンさせるイメージがあるが、新手の攻撃として、アプリケーションやミドルウェア...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

レポート
数に物を言わせた「DDoS攻撃の脅威」からネットワークを防御して組織を損害から守るためのポイント
 DDoS攻撃には、ボリューム攻撃やプロトコル攻撃、リソース攻撃、アプリケーションレベルの攻撃など、さまざまなタイプがある。その中でも、特に数100Gbpsを超える大規模な「数に物を言わせた」マルチベクトル型のDDoS攻撃に対する有効な防御方法は限られている。そして...(2015/7/28 提供:A10ネットワークス株式会社)

技術文書
金融業など強固なセキュリティが必須の企業が押さえておきたい最新DDoS攻撃対策
 攻撃プログラムを仕込んだ複数の第三者マシンを踏み台にし、そこから標的とするシステムに大量のパケットを同時に送信するDDoS攻撃。今や単純な動機ではなく、事前に綿密に計画され、高度な協調性をもって実行されている。 多くの企業、中でも重要なデータを保有してい...(2015/4/6 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

技術文書
技術解説:APT、DDoS攻撃はなぜDNSを狙うのか?
 APT(Advanced Persistent Threat)攻撃、DDoS(分散型サービス拒否攻撃)といった脅威は、企業にも行政機関にも甚大な影響をもたらし、取引の喪失、ブランドイメージの低下、業務の混乱、情報漏えいの通知に掛かる多額の費用を生む可能性がある。 しかし、こういった...(2015/4/22 提供:CLOUDMARK)

レポート
サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク
 国内外の約600社を対象に行った調査によると、2016年にサイバー攻撃を経験した企業は98%にも上るという。さらに毎日攻撃を受ける企業は13%に及んでおり、日常的にサイバー攻撃にさらされている現状も明らかになった。 サイバー攻撃の41%が身代金要求を目的としてお...(2017/5/25 提供:日本ラドウェア株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/4/27 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
DDoS対策の死角「ネット回線のセキュリティ」実際に無害化するにはどうするか
 インターネット上でサービスを展開する企業にとって、DoS、DDoS、UDP、DNSリフレクションなどの攻撃は、サービスの提供そのものを大きく阻害し、ビジネスに大打撃を与える。そのため多くの企業が対策に取り組んでいるが、ここで留意しなくてはならないのは、LAN側だけで...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
肥大化するサイバー攻撃――低コスト・低負荷で企業のWebサイトを守るには?
 近年、サイバー攻撃は一層激しさを増し、大規模な情報漏えい事件の発生が相次いでいる。それを受けて、サーバなどの脆弱性をついた攻撃対策の重要性が認識されるようになった一方、手薄になりがちなのが、企業のWebサイトの機能を停止させ深刻な損害を与えるDDoS攻撃へ...(2017/2/1 提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
パフォーマンス維持しつつセキュリティを強化するクラウド型セキュリティ対策
 攻撃者にとって簡単に実行できてしまうDDoS攻撃は、防衛側の立場からすれば対策が難しくしかも損害は甚大なものになるリスクがある。こうした損害はデータ損失や運用負荷だけでなく、顧客やパートナーへの評判に悪影響をおよぼしてしまう側面もある。 そこで有効な対応...(2017/8/30 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
セキュリティとパフォーマンスを両立するクラウド型セキュリティ対策とは?
 DDoS攻撃やWebアプリケーション攻撃は、いつ襲い掛かってくるのか分からない。攻撃者はリスクもコストもかけずにサイバー攻撃を仕掛けられるのに対し、攻撃を受けた側のリスクは、運用の混乱、機密データの消失、パートナーや顧客の利便性低化、信頼関係の悪影響など...(2017/8/30 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

Webキャスト
G7伊勢志摩サミットの舞台裏、クラウド基盤への大規模DDoS攻撃をどう防いだのか?
 2016年5月に三重県で開催された「G7伊勢志摩サミット」。各国の首脳が参加する国際イベントだけに、その舞台裏では、2万3000人の警察関係者による過去最大規模の警備態勢が敷かれるなど、国と県の総力を挙げた安全対策が行われた。 その中でも重視されたのが、サイバー...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
ECCハード処理、FPGA活用――クラウドでも最適な次世代ロードバランサー/ADCとは
 近年は、Webサイトの「常時SSL化」に取り組む企業が増え、SSL復号の処理が増大している。また、アプリケーションのビジネス価値が増大するにつれ、情報流出問題やDDoS攻撃によるサービス停止に伴うブランド毀損やビジネス機会の損失への対処する方法が求められている。(2017/5/16 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

Loading