TechTargetジャパン

レポート
従来手法では防げない不正アクセスの「リスト型攻撃」に対策はあるのか?
 オンラインサービスに対する不正アクセスの手法が変わりつつある。これまでは「総当たり攻撃」と呼ばれる、パスワードクラッキングツールなどを利用して、ランダムな英数字の組み合わせを試していく「あわよくば」不正ログインしようと手法が多くを占めていた。 しかし...(2015/1/21 提供:デル株式会社)

レポート
不正アクセス増加が「セキュリティ人材不足」最大の原因だった?
 WebサーバやWebアプリケーションへの不正アクセスをはじめ、企業を狙ったサイバー攻撃が相次いで明るみに出ている。攻撃手段の巧妙化が進む中、何とかして自社のシステムを守るべく、対応に追われている企業のセキュリティ担当者は少なくないはずだ。セキュリティ対策の...(2016/1/14 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
メールサーバの不正アクセス元、実は社内だった──を防ぐには?
 メールサーバへの不正アクセスと聞くと社外からの侵入を想像するが、実は組織内部においても発生しているのが実情だ。システム管理者権限を用いた常駐作業員によるものや、ある程度のIT知識を持つ社員によって同僚のアカウント内情報を盗み見していた、など同じサイト内...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

レポート
LINE、任天堂、KONAMIも被害に、猛威を振るうリスト型攻撃への対策はあるのか?
 不正アクセス事件の発生が止まらない。従来の不正アクセスは「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)で行われていた。ハッカーが平易な単語や短いパスワードを使い、あわよくば不正ログインしようというものだ。しかし、最近では総当たり攻撃では見られない高確率で...(2015/7/31 提供:SecureWorks Japan株式会社)

講演資料
多様化・巧妙化するセキュリティ脅威に翻弄される担当者にお贈りする――「特権ID」入門
 標的型攻撃や内部不正による情報漏えい。企業のセキュリティ担当者は多様化・巧妙化するセキュリティ脅威を前に、何から対策をすればいいのか――。ここで注目したいのが、社内システムに幅広いアクセス権限を持つ「特権ID」だ。その特権IDを使えば、社内のさまざまなデ...(2016/8/4 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

製品資料
ID/パスワード入力の手間いらずで不正アクセスや情報漏えいを防止、電子証明書による認証フローのメリット
 メールやファイルのやりとりで、悪意のある第三者がなりすましや盗聴技術を用いて機密情報を詐取する事件が多発している。これらの攻撃を防御するためID/パスワードによる認証フローを用意するケースが多い。しかし、一般業務に対してこうした厳格なルールを徹底すれば...(2015/9/11 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

レポート
情報漏えいの約9割は内部関係者から――内部漏えいと外部攻撃の“2軸”対策法
 近年、標的型攻撃などによる情報漏えいが大きな問題となっている。しかし、情報漏えい事件・事故の9割近くが、このようなサイバー攻撃ではなく、内部関係者から発生していることは意外と知られていない。 日本ネットワークセキュリティ協会の調査による、漏えい原因の1...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
マイナンバー制度開始を機に見直す「情報セキュリティ対策」とは?
 マイナンバーを含む特定個人情報は極めて重要な情報であり、企業で的確に取り扱うには、情報システムにおける安全性を再度確認し、是正点があれば速やかに実施する必要がある。マイナンバー制度では安全管理措置のガイドラインが定められているが、これを情報セキュリテ...(2015/11/4 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
マルチデバイス時代に求められる不正アクセス対策とは?
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルを促進させた。今後も新たなデバイスが登場し、ワークスタイルもますます変化していくだろう。短期間に激しく変化するビジネス環境においては、いち早くその変化にセキュアな対応が...(2014/11/7 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

レポート
“情報漏えい体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」
 情報漏えい事故の要因は多岐にわたる。外部からの不正アクセスやなりすましによる攻撃だけではない。悪意のある内部犯行者、もしくは退職した元従業員が、社内の機密情報を不正に持ち出すケースも少なくない。 社内には情報を蓄積したり、処理したりするシステムが数多...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
全企業が対象となる「マイナンバー対策」今、把握すべきことと準備すべきこと
 「マイナンバー制度」は全ての企業に個人情報保護法よりも厳しいルールが適用される。システム的な管理対応策は「技術的安全管理措置」として示されているが、個々の企業における具体的な反映はそれぞれ判断が分かれるところで、規模が大きく複雑なシステムを持つ企業ほ...(2015/10/13 提供:株式会社Imperva Japan)

レポート
マイナンバー本格運用であらためて注目される「最新データベースファイアウォール」機能と有効性
 近年、Webサーバからデータベースへの不正アクセスによる情報漏えいが発生しているが、実はWebサーバの防御だけではデータベース内のデータを守ることはできないのが原因だ。またアクセス権限を持った人物がその権限を悪用して顧客データを持ち出し、そのまま長期間も犯...(2015/12/17 提供:NTTソフトウェア株式会社)

Webキャスト
「WAF=シグネチャ検知」の勘違い、他の機能も活用すれば誤検知も運用負荷も大幅軽減
 昨今増加するWeb経由の攻撃に対抗するため「Web Application Firewall(WAF)」の注目が高まっている。しかし導入後、実際の運用において十分な活用ができずにいるケースが数多く報告されている。特にシグネチャのチューニングに苦慮し、初期設定のまま稼働し、大量に吐...(2016/3/4 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
尽きない情報漏えい事件、マイナンバー制度施行前にセキュリティ対策を再点検
 マイナンバー制度では個人番号を保管するだけでなく、運用や廃棄という作業も必要になるため、より総合的なセキュリティ対策が求められる。マイナンバーは個人情報の一部であるため、個人情報管理と同様、「人+プロセス+テクノロジー」の3面から対策する必要がある。(2015/10/8 提供:デル株式会社)

レポート
ユーザー調査で判明した、インシデントレスポンスの課題と今後の対策
 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が猛威を振るっている。従来とは比較にならない数のマルウェアや脅威の複雑な組み合わせによって、企業の情報システムへの攻撃が行われている状況で、限られたリソースやツールで攻撃をより明確に把握し、対応方法を改善し、対応に...(2015/3/20 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
これからが本番のマイナンバー対応――セキュリティの“仕上げ”は3段階で実施
 マイナンバー制度が2016年1月に開始されるに当たって、多くの企業が対策を進めてきたが、書類業務などで本格的な利用が始まるのはこれからだ。既に対策済みという企業でも、給与所得の源泉徴収票や健康保険関係給付申請書などの提出時期を迎える前に、業務の安全点検を...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

レポート
被害額は1台当たり約100万円、モバイル端末を狙うマルウェアをどう防ぐ?
 業務におけるモバイル活用が広がるなか、社員のモバイル端末を狙ったデータ侵害が増加している。マルウェアに感染したモバイル端末を遠隔操作して、スクリーンショットの撮影、電話の会話の録音などの手口で情報を盗み出す事件も相次いで報告されている。 これによる被...(2016/5/2 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

技術文書
マイナンバー漏えいを防ぐための「データベース徹底防御法」
 マイナンバー対策をする上でIT部門がまず成すべき重要なことは、自社が管理するマイナンバー/特定個人情報が格納されたデータベースに「誰が入ってこられるか」を精査することだ。その上で、当該データベースに対する「アクセス制御」や「アクセスユーザーの識別・認証...(2015/10/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
標的型攻撃の一番の対策は「見える化」、偽装メールはとにかく開かせない
 標的型攻撃では、価値の高い情報を持つ企業や組織だけが狙われると考えられがちだ。しかし、大企業や公的機関などは守りが堅いため、攻撃はそう簡単には成功しない。そこで攻撃者が狙うのが、ターゲットと関係しているセキュリティの甘い企業だ。 セキュリティレベルの...(2016/8/1 提供:株式会社プロット)

レポート
約793万件の情報漏えいはどうすれば防げたのか? 実際の事件に学ぶ今後の対策
 大手旅行代理店JTBは2016年6月、「標的型攻撃」と呼ばれる外部からの攻撃により、約793万件の顧客データが漏えいした可能性があると発表した。子会社のオペレーターが、相手先を装ったメールに添付されていたファイルを不用意に開いたことによるウイルス感染が原因だと...(2016/7/28 提供:ソフォス株式会社)

製品資料
パスワード管理はもういらない? リスト型攻撃を無効化する2要素認証の実力
 近年、サイバー攻撃による大規模な情報漏えい事件が相次いでいる。この際、流出する個人情報の中でも特に深刻な問題となるのがパスワード情報だ。攻撃者が入手した認証情報を基に「パスワードリスト型攻撃」を仕掛けてきた場合、それが本物のパスワードである以上、シス...(2016/7/11 提供:NTTソフトウェア株式会社)

技術文書
今からでも間に合う 5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaSやIaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「狙われるならどこですか?」専門家へ脆弱性診断の依頼が増えている理由
 年々、高度化するセキュリティの脅威に対抗する手段として、さまざまな診断ツールが開発されている。事故防止に有効な施策だが、十分な効果を得るためには、サイバー攻撃の専門知識や最新動向について知っておかなければならない。 攻撃者の手口は多様で、常に変化と悪...(2016/5/31 提供:サイトロック株式会社)

技術文書
クレジットカード情報が狙われる――二木ゴルフの情報漏えい対策
 クレジット情報や個人情報を狙った標的型サイバー攻撃が急増している。国内でも決済処理システムがマルウェアに感染し、店頭で使用したカード情報が窃取されたことから、POSシステムへの「POSマルウェア」感染が疑われている。 カード決済で使われるPOS端末は、一般的...(2015/12/22 提供:トレンドマイクロ株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
社内ポータルの機密情報保護――情報漏えいにつながる操作だけを制限するには?
 社員の情報共有を目的として、社内ポータルやナレッジマネジメントシステムを運用する企業では、厳格なセキュリティポリシーを策定している。しかし、人に任せた運用では、重要情報をダウンロードしたり、印刷したりして持ち出すことを完全には防げない。 ある保険会社...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
インシデント対応の迅速化でセキュリティ強化――打ち手を遅らせないデータ分析
 巧妙化するサイバー攻撃からシステムや貴重なデータを守るには、セキュリティツールから発せられるイベンドデータの分析が欠かせない。しかし、日々のイベントデータは膨大な量であり、注視すべきデータを抽出して、他のデータとの関連性を調べるには多くの労力を要する...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
個人事業主からマイナンバーをどう集める? 安心で効率的な収集・保管のすすめ
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

Loading