2007年03月16日 22時18分 公開
ニュース

ビック東海、IronPortを活用した企業向けスパムメール対策の新サービスNEWS

ビック東海は、IronPortを活用した企業向けスパムメール対策の新サービス「OneOffice SPAM Filtering 2.0」の提供を開始した。

[TechTarget]

 ビック東海は3月16日、企業向けスパムメール対策の新サービス「OneOffice SPAM Filtering 2.0」の提供を同日より開始したと発表した。本サービスは、企業向け統合型メールASPサービス「OneOffice Mail Solution」シリーズ中のアンチスパムサービス、「OneOffice SPAM Filtering」の後継サービスとして提供されるもの。アイアンポートシステムズのアンチスパム製品「IronPort」を利用したサービスで、廃棄処理を一切行わない隔離ボックス機能を持つことが特徴。

 正規メール、疑わしきメール、スパムメールを正確に判定し、正常配送または隔離ボックスへ配送処理する。また1日に1回、隔離ボックスに配送されたメールの概要をメールで通知するため、ユーザー自身が隔離されたメールの内容を目視でき、万一誤判定があってもユーザーは再配送を指示すれば手間をかけず、早急にメールを取り出すことができる。これにより、スパムメール対策におけるユーザーの使いやすさの向上と、IT部門の負荷激減が期待できる。利用料金は、初期費用3万円、月額1アカウントあたり150円(キャンペーン価格)。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...