ビック東海、IronPortを活用した企業向けスパムメール対策の新サービスNEWS

ビック東海は、IronPortを活用した企業向けスパムメール対策の新サービス「OneOffice SPAM Filtering 2.0」の提供を開始した。

2007年03月16日 22時18分 公開
[TechTarget]

 ビック東海は3月16日、企業向けスパムメール対策の新サービス「OneOffice SPAM Filtering 2.0」の提供を同日より開始したと発表した。本サービスは、企業向け統合型メールASPサービス「OneOffice Mail Solution」シリーズ中のアンチスパムサービス、「OneOffice SPAM Filtering」の後継サービスとして提供されるもの。アイアンポートシステムズのアンチスパム製品「IronPort」を利用したサービスで、廃棄処理を一切行わない隔離ボックス機能を持つことが特徴。

 正規メール、疑わしきメール、スパムメールを正確に判定し、正常配送または隔離ボックスへ配送処理する。また1日に1回、隔離ボックスに配送されたメールの概要をメールで通知するため、ユーザー自身が隔離されたメールの内容を目視でき、万一誤判定があってもユーザーは再配送を指示すれば手間をかけず、早急にメールを取り出すことができる。これにより、スパムメール対策におけるユーザーの使いやすさの向上と、IT部門の負荷激減が期待できる。利用料金は、初期費用3万円、月額1アカウントあたり150円(キャンペーン価格)。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...