2009年08月04日 09時00分 公開
ニュース

サムライズ、初心者にも優しいBIツールを提供開始NEWS

DBの専門知識を持たないユーザーでも直感的なGUIを操作することで、DBに対する検索・分析・可視化を行うことができる。

[TechTargetジャパン]

 サムライズとオープンテキストは7月28日、BIソリューション「Open Text Business Intelligence 日本語版」(以下、Open Text BI)を発表した。同社が買収したHummingBirdの「BI-Query 8.5J」を機能拡張し、Open Textブランドに統一して販売する。2009年9月1日より出荷を開始する。

 Open Text BIは、カナダのOpen Textが開発したBIツール。企業内に存在するデータベース(DB)に蓄積されるデータに対し直感的な操作が可能なGUIを提供することで、エンドユーザーが情報を活用しやすくする。同社によると、DBの専門知識を持たないユーザーでもDBに対して自由に検索・分析・可視化を行うことができるという。また、管理者がユーザーごとにアクセス制限を掛けることにより、情報漏えいのリスクを軽減することもできる。

photo Open Text BIで作成したシステム例

 Open Text BIでは、DBへの問い合わせ処理を「データモデル」という形で提供する。データモデルはDBのテーブル構造を意識することなく、、SQL文の記述が不要で、カラム名の変更や複数の表データの結合処理などの設定をマウス操作のみで行うことができる。ODBC接続可能なDBであれば、複数のDBを接続した問い合わせ処理も可能。

 Open Text BIの販売価格は、管理者用ライセンス「Administrator」が29万9000円、利用者用ライセンス「Update」が11万円(いずれも税別)から。オープンテキストの統合ECM(エンタープライズコンテンツ管理)ソリューションのモジュールの1つとして提供される。販売は国内で独占販売権を持つサムライズが行う。同社は、初年度で新規1000クライアントの獲得を目指すとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。