2009年11月02日 08時00分 公開
特集/連載

プロセス改善に役立つ「プロジェクト管理」が分かる3つのホワイトペーパーホワイトペーパーレビュー

2009年からIT業界にも適用された「工事進行基準」への対応を含めて、より正確性が求められるプロジェクト管理。本稿では、プロジェクト管理に関する3つのホワイトペーパーを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 システム開発の現場では、さまざまなツールを利用したプロジェクト管理が行われている。TechTargetジャパンが2008年に実施した「プロジェクト管理ツールの利用状況に関するアンケート」では、「導入済みのプロジェクト管理ツールは何か?」という問いに対して、「Microsoft Office Excelを使用している」と回答した読者が全体の67.8%を占め、「Excelで自前のツールを作成している」という意見も多く見られた。

 また、2009年4月以降に始まる会計年度から適用された「工事進行基準」への対応が必要となるプロジェクトも今後多くなる。工事進行基準は、工事(=システム開発)の進ちょく度に応じて売り上げを分散して計上する会計の仕組みだ。

 しかし、実際の開発現場では、要求仕様の誤解や変更対応などによる“開発の手戻り”も多く、制度変更に対応する以前の問題として、開発プロセスそのものを改善する必要性を感じている管理者もいることだろう。

 より効果的なプロジェクト管理を実施するためには、どうすればよいだろうか。

 本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、プロセス改善に役立つと思われるプロジェクト管理に関連する3つのホワイトペーパーを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...