2011年01月28日 18時00分 公開
ニュース

初期投資が10分の1に、TISがSAP ERPをクラウドで提供NEWS

TISが自社のPaaS/IaaSを使ったSAP ERPのクラウド提供を始めた。月額料金でERPの機能を利用でき、初期費用も自社所有と比べて10分の1に抑えることができるという。

[TechTargetジャパン]

 TISは中堅企業向けERPパッケージ「SAP Business All-in-One」を月額課金で利用できるようにするクラウドサービス「TIS Ondemand Service for SAP ERP」を1月25日に提供開始した。SAPライセンスやハードウェアを自社で所有する従来の構成と比べて、初期投資費用を10分の1にできるという。

 新サービスはTISのPaaS/IaaS環境「TIS Enterprise Ondemand Service」を活用。クライアントごとにSAP環境を構築する。SAPライセンスとハードウェア、データセンターの利用料、セキュリティ、運用・保守などのサービスを月額課金で提供する。TISが用意するテンプレートを使えば、最短8週間でERP環境を構築できるという。IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)に対応するテンプレートも用意する。

 初期費用は1000万円から。ERP構築やネットワーク構築、データセンター費用、OSライセンスなどが含まれる。SAPライセンスと基本保守、インフラ運用を含む月額料金は1ユーザー当たり1万8900円から。1ユーザー当たりの料金は利用ユーザー数によって変動する。最大で100ユーザーまで利用できる。

 サービスメニューは利用できるモジュールに応じて3つを用意する。タイプ1が「会計」、タイプ2は「会計・販売・調達」、タイプ3は「会計・販売・調達・製造」となる。TISは5年で約50億円の売り上げを目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...