2011年07月05日 09時00分 公開
特集/連載

Windows Azure導入前に確認すべき3つの項目自社システムのAzure適性チェック

Microsoft製品を広く採用している企業にとっては魅力的に映る「Windows Azure」だが、自社システムの運用状況によっては導入しない方がよい場合もある。Azure導入前に確認すべき3つのチェック項目を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]

 クラウドコンピューティングは、従来のコンピュータベンダーとソフトウェアベンダーの呪縛から逃れる手段と見なされる場合もある。しかし、ほとんどの企業は、サービスが自社の導入済みシステムと投資にどの程度統合できるかによってクラウドの価値が決まることに気付いている。

 米Microsoftの製品は社内ITに広く採用されているため、同社のクラウド戦略はユーザーにとって特に重要だ。多くのユーザーにはMicrosoftのクラウドは魅力的に映るだろうが、導入できないと判断される場合もあるだろう。さて、読者はどちらになるだろうか。

 Microsoft Azureのバリュープロポジションは、「ピーク負荷と高可用性を念頭に、ユーザーが自社のITインフラを設計する必要がある」という考えに立脚している。この2つの要件に対応するには、多大な予算が必要だ。そこで、Azureソリューションでは、平均の負荷を超えるワークロードが発生した場合に、クラウドコンピューティングで対応できるようにする。また、必要なレベルの可用性を通常のデータセンターコンポーネントでは実現できない場合に可用性の確保を図り、アプリケーションリソースをバックアップできる。

 つまり、大半のクラウドアーキテクチャとは異なり、Azureではオンプレミスとクラウド間の柔軟なワークロード分散を基盤とする(参考:オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」)。これは、ワークフロー管理(Azure Service Bus)など、さまざまなサービス指向アーキテクチャ(SOA)の概念を採用することで実現される。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...