2011年09月07日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューユーザーの要望にどう応える? 電子帳票システム設計が分かるホワイトペーパー

電子帳票システムは身近なシステムだけにエンドユーザーの不満も集中しがちだ。満足度が高く、管理の効率性も高い電子帳票システムを構築するために参考となるホワイトペーパーを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 社内の管理表や申請書をはじめ、社外とのやりとりで必要となる請求書、納品書、契約書など、ビジネスに帳票はつきものだ。これまで紙でやりとりされていた帳票は急速に電子化が進み、電子帳票システムが一般的になりつつある。しかも、電子帳票システムはインターネットに対応するなどその機能を進化させている。

 帳票はエンドユーザーからのクレームや改善要望が多いシステムでもある。日本企業の帳票は複雑だ。例えば社内の申請書を考えても入力項目が多数あり、けい線を巧みに使って複雑なレイアウトが表現されている。1枚の帳票で関係する項目を全て入力できるという網羅性があり便利だが、この複雑な帳票をシステムで再現し、電子化するのは簡単ではない。結果的に紙の帳票と、電子版帳票との内容が大きく異なってしまい、エンドユーザーの不興を買うというケースが多い。電子帳票システムをどう設計し、改善していくべきなのか。参考になるホワイトペーパーを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。