「Infor10」発表、TwitterやFacebookを参考にインタフェース刷新NEWS

複数のERP製品で構成する「Infor10」が発表された。コンシューマアプリケーションを参考にインタフェースを開発するなど、使いやすさやアプリケーション間の接続にしやすさが特徴だ。

2011年10月26日 20時10分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは10月25日、ERPスイート製品の新版「Infor10」を発表した。エンタープライズサービスバス(ESB)として動作する「Infor ION」を拡張し、インフォアのアプリケーションや他社アプリケーションとの接続性を高めた。

 Infor10の発表に伴い、同社は多数あるERP製品のブランドを統一した。旧Baan、旧LNは「Infor10 ERP Enterprise」、旧SyteLineは「Infor10 ERP Business」などとなる。買収したLawson SoftwareのERPも展開する。

画像 米Infor Global Solutionsのディーン・ヘーガー氏

 Infor10では業界・業種特化型アプリケーションを前面に打ち出す。対象となる13業界を選別。国内では特に自動車部品メーカーや製造機器メーカー、食品・飲料メーカーなどに対してソリューションを提供する。米Infor Global Solutionsのマーケティング&ストラテジー担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのディーン・ヘーガー氏は「汎用的なERPの時代は終わった」と話し、「企業の役に立つためには目的別に特化してアプリケーションを作らないといけない」と同社の戦略を訴えた。

 Infor10ではまた、FacebookやTwitterクライアントなどを参考に開発したインタフェースを採用した。ユーザーは1画面を見るだけで必要な情報にアクセスできる。ヘーガー氏は「イベント駆動型、サーチ駆動型でデータを前面に持ってきたのが特徴だ」と話した。

画像 Infor10の利用画面《クリックで拡大》

 Infor IONは「Infor10 ION Suite」として強化した。ヘーガー氏はInfor10 ION Suiteの特徴として、15分未満でインストールできる軽快さ、標準的なXMLでアプリケーションを接続できるため専門知識が不要、アプリケーションから抽出したデータをInfor ION内に保存し、分析などに活用できる点を挙げた。

関連ホワイトペーパー

ERP | ブラウザ | 製造業 | マーケティング | XML


ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...