2014年06月05日 14時00分 公開
ニュース

EMC、“サービスとしてのデータ保護”を含む新製品を発表NEWS

EMCジャパンはData Protection as a Service(サービスとしてのデータ保護)の提供を可能にするデータ保護の新たな製品群と、中堅・中小市場向けストレージの新製品群の日本での販売開始を発表した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

機能を大幅に強化し製品レンジも拡大した、データ保護製品群

photo 米EMCのドミトリー・チェン氏

 EMCジャパンは2014年6月4日、顧客ニーズが高まるデータ保護市場を拡大するため、「Data Protection as a Service(サービスとしてのデータ保護)」を可能にするテクノロジーを強化したデータ保護の新製品群「EMC Data Protection Suite」を発表した。

 米EMCのアジアパシフィックジャパン DPA事業本部 営業担当バイスプレジデント、ドミトリー・チェン氏は、「モバイル」「クラウド」「ビッグデータ」「ソーシャル」に加え、「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」がデータ増大をけん引していると現状を説明。その一方で「保護しなければならないデータの52%は守られていない。また、データ増加に伴う管理負担に対してIT管理者のリソースが追い付かない状況にある」と語り、データ保護強化の重要性を強調した。

新機能/技術を搭載した「EMC Data Protection Suite」

ITmedia マーケティング新着記事

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...