EMC、“サービスとしてのデータ保護”を含む新製品を発表NEWS

EMCジャパンはData Protection as a Service(サービスとしてのデータ保護)の提供を可能にするデータ保護の新たな製品群と、中堅・中小市場向けストレージの新製品群の日本での販売開始を発表した。

2014年06月05日 14時00分 公開
[織茂洋介,TechTargetジャパン]

機能を大幅に強化し製品レンジも拡大した、データ保護製品群

photo 米EMCのドミトリー・チェン氏

 EMCジャパンは2014年6月4日、顧客ニーズが高まるデータ保護市場を拡大するため、「Data Protection as a Service(サービスとしてのデータ保護)」を可能にするテクノロジーを強化したデータ保護の新製品群「EMC Data Protection Suite」を発表した。

 米EMCのアジアパシフィックジャパン DPA事業本部 営業担当バイスプレジデント、ドミトリー・チェン氏は、「モバイル」「クラウド」「ビッグデータ」「ソーシャル」に加え、「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」がデータ増大をけん引していると現状を説明。その一方で「保護しなければならないデータの52%は守られていない。また、データ増加に伴う管理負担に対してIT管理者のリソースが追い付かない状況にある」と語り、データ保護強化の重要性を強調した。

新機能/技術を搭載した「EMC Data Protection Suite」

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...