2014年08月05日 08時00分 公開
特集/連載

営業パーソンの“本能”を刺激するモバイルゲーミフィケーションの出来の良さ楽しみながら知識の習得を競う

ある医療機器メーカーが営業担当者の知識向上を通じて営業成績を伸ばそうと、彼らの持ち前の競争心を利用した。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 医療機器メーカーの米American Medical Systems(以下、AMS)は、営業担当者に自社や業界に関する重要知識を身に付けさせるのに苦労していた。そこで、試みにモバイルゲーミフィケーションアプリ(訳注:ゲーミフィケーションとは、ゲーム以外の活動にゲームの仕組みを利用すること)を採用し、営業担当者の持って生まれた本能を利用することにした。

ゲーミフィケーションで「結果を出す」ために

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...