Windows 8.1でユーザーの“やんちゃ”を阻止する「キオスクモード」のススメ「割り当てられたアクセス」はどう使う?

米Microsoftの「Windows 8.1」の「割り当てられたアクセス」機能を使用して、起動時にユーザーがアクセスできるアプリを制御するための方法を紹介する。

2014年10月24日 08時00分 公開
[Nirmal Sharma,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows 8.1」のデスクトップ環境では、「キオスクモード」を使用して、ユーザーのログイン時にエクスプローラーのシェルを指定のアプリケーションに置き換えることが可能だ。

割り当てられたアクセスを使用するメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...