2015年02月06日 12時00分 公開
特集/連載

「IEEE 802.11u」が普及するとどんなメリットがあるのか?ユーザーは歓迎

「IEEE 802.11u」規格の現状にはどうなっているのか。Wi-Fiアクセスの使いやすさの向上とセキュリティ強化を目玉とするこの規格をネットワークセキュリティの専門家が解説。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 「IEEE 802.11u」(「Passpoint」「Wi-Fi 2.0」「Hotspot 2.0」とも呼ばれる)は、Wi-Fiを使いやすくし、セキュリティを向上させるといわれている。この規格はどのような現状にあるのか。セキュリティにどのような影響を与えるのか。エンタープライズデバイスで利用できるようになるのはいつか。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...