2015年02月06日 12時00分 公開
特集/連載

「IEEE 802.11u」が普及するとどんなメリットがあるのか?ユーザーは歓迎

「IEEE 802.11u」規格の現状にはどうなっているのか。Wi-Fiアクセスの使いやすさの向上とセキュリティ強化を目玉とするこの規格をネットワークセキュリティの専門家が解説。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 「IEEE 802.11u」(「Passpoint」「Wi-Fi 2.0」「Hotspot 2.0」とも呼ばれる)は、Wi-Fiを使いやすくし、セキュリティを向上させるといわれている。この規格はどのような現状にあるのか。セキュリティにどのような影響を与えるのか。エンタープライズデバイスで利用できるようになるのはいつか。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。