2014年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

ギガビット無線LAN「802.11ac Wave 2」製品を待つべきか、それとも……?Wave 2による高速通信がネットワークに与える影響

次世代の高速無線LAN規格「802.11ac」の第2世代「Wave 2」製品の登場が待たれる。既存規格である802.11n製品を使用している企業はWave 2製品の登場を待つべきか。それとも、まずは第1世代「Wave 1」製品にアップグレードすべきか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。だが、企業は、市場に既に出回っている802.11ac Wave 1製品(ドラフト段階の802.11ac規格に対応した製品)の調査を、このニュースを理由にやめるべきではない。

※ Wave 1、Wave 2は、それぞれ「第1世代」「第2世代」の意

 802.11ac Wave 1製品は、5GHzの周波数帯で最大1.3Gbpsの帯域幅を提供する。802.11ac Wave 2製品は、5GHz帯で160MHzの広いチャネルを使って最大6Gbpsを実現することになっている。また、Wave 2製品では、マルチユーザーMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術も導入され、アクセスポイントが複数のクライアントに複数のストリームを送信できるようになる。これまでの全てのWi-Fi規格(802.11ac Wave 1を含む)では、アクセスポイントは一度に1台のクライアントにしか複数ストリームを送信できなかった。

802.11ac Wave 2:企業は待つべきか、アップグレードすべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...