ギガビット無線LAN「802.11ac Wave 2」製品を待つべきか、それとも……?Wave 2による高速通信がネットワークに与える影響

次世代の高速無線LAN規格「802.11ac」の第2世代「Wave 2」製品の登場が待たれる。既存規格である802.11n製品を使用している企業はWave 2製品の登場を待つべきか。それとも、まずは第1世代「Wave 1」製品にアップグレードすべきか。

2014年02月21日 08時00分 公開
[Gina Narcisi,TechTarget]

 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。だが、企業は、市場に既に出回っている802.11ac Wave 1製品(ドラフト段階の802.11ac規格に対応した製品)の調査を、このニュースを理由にやめるべきではない。

※ Wave 1、Wave 2は、それぞれ「第1世代」「第2世代」の意

 802.11ac Wave 1製品は、5GHzの周波数帯で最大1.3Gbpsの帯域幅を提供する。802.11ac Wave 2製品は、5GHz帯で160MHzの広いチャネルを使って最大6Gbpsを実現することになっている。また、Wave 2製品では、マルチユーザーMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術も導入され、アクセスポイントが複数のクライアントに複数のストリームを送信できるようになる。これまでの全てのWi-Fi規格(802.11ac Wave 1を含む)では、アクセスポイントは一度に1台のクライアントにしか複数ストリームを送信できなかった。

802.11ac Wave 2:企業は待つべきか、アップグレードすべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...