2015年06月17日 12時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップ構築に失敗する5つの理由ストレージだけの問題ではない(1/2 ページ)

仮想デスクトップインフラ(VDI)の普及が進んでいるが、ストレージが原因でVDIプロジェクトが失敗に終わることもある。代表的な5つのパターンとその解決策を紹介する。

[Erin Sullivan,TechTarget]

VDIの管理を改善するストレージのヒント

photo VDIに類似した環境を提供するマイクロサーバの代表例「HP Moonshot System」《クリックで拡大》

 米ニューヨークで2014年11月に開催された「Storage Decisions」カンファレンスにて基調講演を行ったブライアン・マッデン氏は、ストレージ管理者は仮想デスクトップインフラ(VDI)に関して大きく成長してきたと語る。だが、今でも意識しておくべき大きな落とし穴があるという。スムーズな動作に十分なIOPS(1秒当たりのI/O数)が欠かせないのは周知のことだが、VDIの専門家であるマッデン氏は、注意すべき部分を把握していないと、ストレージが原因でVDIプロジェクトが失敗に終わるパターンを幾つか紹介した。

 本稿では、ストレージがVDIの管理を複雑にしている最も一般的な5つのパターンを示し、事前に改善する方法を紹介したい。

パターン1:特殊なニーズを持つ仮想デスクトップテクノロジー

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...