2012年10月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ディスクパフォーマンスの問題を解消する仮想デスクトップインフラにSSDが有効な理由

SSDを活用したストレージは、非常に高価だがIOPSも非常に高い。企業導入が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)を展開する際の障害になるIOPSの問題を見事に解決する。

[Alastair Cooke ,TechTarget]

 ほとんどのVDI(仮想デスクトップインフラ)プロジェクトでは、管理者はユーザーPCの多数の安価なディスクを、データセンターに置かれた少数の高価なディスクでリプレースする。この方式ではストレージのパフォーマンスが問題になるが、ソリッドステートストレージが問題解決に役立つ。

 ソリッドステートストレージは、VDI環境にうってつけだ。単位コスト当たりのストレージトランザクションレートが高いからだ。VDIを導入する前に、あるいはVDIのパフォーマンスに問題が生じている場合は、費用対効果を計算した上で、ソリッドステートドライブ(SSD)が必要かどうか判断するとよい。

VDIのストレージ容量の問題

 VDIストレージで最初にぶつかる問題は「容量」だ。デスクトップをデータセンターに導入する場合、ユーザーPCのディスクをデータセンターのストレージでリプレースすることになる。例えば、500ユーザーがそれぞれ40Gバイトのディスクを使っていたとすると、リプレースされるディスクの合計容量は20Tバイトとなる。これは膨大なストレージであり、特にSANディスクではコストがかさんでしまう。

 だが幸い、米VMwareのリンククローンや米CitrixのProvisioning Serverなどでは、マスターイメージを使ってデスクトップを一元管理できる機能が提供されており、この機能によって多くの容量問題を解決できる。マスターイメージのフルコピーをユーザーのディスクに配布して保存する一方、ユーザーが行った変更を保持することが可能だ。この場合、必要なストレージ容量はユーザー当たり6Gバイト程度となり、500ユーザーの例では、3Tバイト近く増えることになる。

 各ユーザーに専用のデスクトップを割り当てない場合は、VDIで必要なストレージ容量がさらに少なくなる。それぞれのデスクトップの変更を、ユーザーのログオフ後も保持する必要がないからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...