2012年10月01日 08時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップインフラにSSDが有効な理由ディスクパフォーマンスの問題を解消する

SSDを活用したストレージは、非常に高価だがIOPSも非常に高い。企業導入が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)を展開する際の障害になるIOPSの問題を見事に解決する。

[Alastair Cooke ,TechTarget]

 ほとんどのVDI(仮想デスクトップインフラ)プロジェクトでは、管理者はユーザーPCの多数の安価なディスクを、データセンターに置かれた少数の高価なディスクでリプレースする。この方式ではストレージのパフォーマンスが問題になるが、ソリッドステートストレージが問題解決に役立つ。

 ソリッドステートストレージは、VDI環境にうってつけだ。単位コスト当たりのストレージトランザクションレートが高いからだ。VDIを導入する前に、あるいはVDIのパフォーマンスに問題が生じている場合は、費用対効果を計算した上で、ソリッドステートドライブ(SSD)が必要かどうか判断するとよい。

VDIのストレージ容量の問題

 VDIストレージで最初にぶつかる問題は「容量」だ。デスクトップをデータセンターに導入する場合、ユーザーPCのディスクをデータセンターのストレージでリプレースすることになる。例えば、500ユーザーがそれぞれ40Gバイトのディスクを使っていたとすると、リプレースされるディスクの合計容量は20Tバイトとなる。これは膨大なストレージであり、特にSANディスクではコストがかさんでしまう。

 だが幸い、米VMwareのリンククローンや米CitrixのProvisioning Serverなどでは、マスターイメージを使ってデスクトップを一元管理できる機能が提供されており、この機能によって多くの容量問題を解決できる。マスターイメージのフルコピーをユーザーのディスクに配布して保存する一方、ユーザーが行った変更を保持することが可能だ。この場合、必要なストレージ容量はユーザー当たり6Gバイト程度となり、500ユーザーの例では、3Tバイト近く増えることになる。

 各ユーザーに専用のデスクトップを割り当てない場合は、VDIで必要なストレージ容量がさらに少なくなる。それぞれのデスクトップの変更を、ユーザーのログオフ後も保持する必要がないからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...