2011年07月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SSDを利用してVDIのブートストームを回避する(後)仮想デスクトップ環境のROI最適化にSSDを活用

SSDは仮想デスクトップ環境で発生する大きな問題の1つに対処するための優れたソリューションを提供する。その導入においては過度に高価だったり、複雑である必要もない。

[Eric Siebert,TechTarget]

 多数のユーザーが同時にシステムにログインするときに発生する大幅な速度低下を指す「ブートストーム」。この問題への対策は幾つかあるが、最も合理的な方法は「ソリッドステートドライブ(SSD)を効果的に活用すること」だ。前回の「仮想デスクトップ一斉起動時の速度低下を解消するSSD」に続き、SSDを活用したブートストーム対策の具体例を紹介する。

方策A:特定のファイルをSSDに置く

 ブートストーム対策にSSDを利用する方法は幾つかある。その1つは、仮想マシン(VM)のマスターイメージと複製を保存するのにSSDストレージのプールを利用するという方法だ。Linked Clone(VMwareの機能)やMachine Creation Services(XenDesktopの機能)を仮想デスクトップ環境(VDI)で利用する場合、ベースイメージは全てのデスクトップVMが共有する一元的なリードオンリーディスクとして実装される。これは、配備されるデスクトップOSのマスターコピーだ。ベースイメージに対する変更を保持するために、書き込み対象となる個々のスナップショットがVMごとに保存される(関連記事:企業にうってつけのデスクトップ環境を実現するVDI)。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | 環境保護 | ROI | ILM | VMware | ライフサイクル | SAN | サーバ | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。