2011年07月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SSDを利用してVDIのブートストームを回避(前)仮想デスクトップ一斉起動時の速度低下を解消するSSD

仮想デスクトップインフラ(VDI)環境において、多数のユーザーが同時にログインするときに発生する「ブートストーム」。この問題を回避する最も合理的な方法を紹介しよう。

[Eric Siebert,TechTarget]

 デスクトップ仮想化、あるいは仮想デスクトップインフラ(VDI)は、システム管理の簡素化、セキュリティの一元化、データ保護などIT部門に数々の恩恵をもたらす(関連記事:企業にうってつけのデスクトップ環境を実現するVDI)。しかしVDIをサポートするためのストレージ環境においては、VDIの「ブートストーム」という問題を回避するために注意深い準備が必要とされる。

 ブートストームとは、多数のユーザーが同時にシステムにログインするときに発生する大幅な速度低下のことだ。この問題への対策は幾つかあるが、最も合理的な方法は「ソリッドステートドライブ(SSD)を効果的に活用すること」だ。

 VDIブートストームは比較的単純な問題だ。仮想デスクトップのワークロードは、デスクトップユーザーの勤務時間(一般的には平日の午前8時ごろから午後5時ごろまで)に基づいて予測できる。標準的な仮想デスクトップによって発生する全体のストレージI/Oは、サーバのワークロードによるストレージI/Oと比べると非常に低い。そのため、ホスト上の仮想デスクトップマシンの密度は、仮想化されたサーバの密度よりもはるかに高いのが普通だ。逆に、デスクトップの起動時には大量のリソースが必要とされる。これはOSとアプリケーションのロードと実行中にディスクから大量の読み出しを行うからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...