SSDに重複排除ソフト──2011年下半期注目のバックアップ/リカバリ技術バックアップ関連市場の最新トピックを紹介

2011年上半期のバックアップ/リカバリ分野ベンダーの動向を振り返り、これから特に注目すべき市場のトピックを探ってみよう。

2011年06月13日 09時00分 公開
[TechTarget]

EMCが「Project Lightning」でサーバサイドSSDを採用

 2011年5月初めに開かれた「EMC World Las Vegas 2011」のテーマはビッグデータとクラウドだったが、開催初日の最大のサプライズは、サーバサイド用フラッシュドライブ「Project Lightning」の発表だった。これは米EMCのソリッドステートドライブ(SSD)戦略の新たな方向性を示す製品だ。

 Project Lightningはコードネームで、製品リリースは数カ月先になりそうだが、同製品は米Fusion-ioがヒットさせたPCIeフラッシュカードと似ているようだ。EMCのパット・ゲルシンガー社長によると、自社の自動階層化ソフトウェア「FAST」をPCIeカードと連係することにより、データ配置の最適化を可能にするという。

 「EMCはサーバ用フラッシュメモリ事業に参入する」とゲルシンガー氏はイベント初日の基調講演で語った。「フラッシュメモリをサーバに組み込み、サーバ用DAS(Direct Attached Storage)やサーバ用キャッシュとして利用するつもりだ」

重複排除アプライアンスに挑戦する重複排除ソフトウェア

 ここ数年、重複排除ソフトウェアの信頼性が高まるとともに低価格化も進み、重複排除ハードウェアのユーザーにとって有望な選択肢となってきた。しかしユーザーやアナリストによると、多くの企業にとっては「重複排除アプライアンスの方が依然として妥当な選択だ」という。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...