2012年03月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー別のニーズを理解仮想デスクトップの最適な利用法とは? ユーザーを4タイプに分類

仮想デスクトップを導入するに当たり、ユーザーごとのニーズを把握することは重要だ。ユーザーを4タイプに分類し、仮想デスクトップの最適な利用方法を探る。

[Mike Nelson,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を考えるに当たっては、社内でどのようなユーザーが、どのようにコンピュータを使うかをじっくり検討することが重要だ。

 では、あなたの会社にはどのようなユーザーがいるのか。エンドユーザーの基本的なタイプを定義してみよう。仮想デスクトップの潜在ユーザーとそのニーズを理解することは、VDIがあなたの会社の環境に適しているかどうかを判断するのに役立つ。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...