2015年07月01日 08時00分 公開
特集/連載

台湾発の医療IT、日本の医療・介護を支援「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」リポート(1/2 ページ)

2015年6月に開催された「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」では、医療用タブレットや在宅医療や介護関連の製品などが出展されていた。本稿では展示内容の一部を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 出展企業の集合写真。台湾政府が優れた製品として公認する「Taiwan Excellence Award」受賞企業も含まれている《クリックで拡大》

 2015年6月11日、台湾経済部 国際貿易局(注)と台湾貿易センター(TAITRA)が主催する「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」が都内で開催された。この発表会では台湾の医療・歯科・介護製品の日本における認知度向上・ビジネス機会拡大を目的に、関連企業10社が出展。医療用タブレットに加え、在宅医療や介護関連の製品などが出展されていた。本稿では展示内容の一部を紹介する。

注:日本の経済産業省に相当。

白衣のポケットに入る医療用タブレット「Poket Pad」――Advantech

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...