2015年08月17日 08時00分 公開
特集/連載

これがIT成功への“分かれ道”、製品選択につながる5つの質問とはプラットフォーム革命は始まっている(2/2 ページ)

[Francesca Sales,TechTarget]
前のページへ 1|2       

プライベートか共有か

 プラットフォームは複数のパートナー企業で構成される。どのパートナー企業もカスタマーサービスを提供しているとドーアティ氏は述べる。顧客の視点で見た場合に問題となるのは、そのデータが全員に公開されるかどうかだ。つまり、顧客はサプライヤーが提供する全てのデータにアクセスできるのか。それとも、プラットフォームを所有する企業がその全データにアクセスできるのかが問題になる。ドーアティ氏は、これが企業にとって最も重要な判断事項で、パートナー獲得に関する「途方もない障害」になると考えている。「企業は、所有権、データ、データがもたらすメリット、データの差別化、所有権に関する権利の線引きについて懸念している」(ドーアティ氏)

 ドーアティ氏は、まだ十分な検証ができていないと断りながらも、この難題に対する解決策として、オープンなデータのレーンとプライベートなデータのレーンというアイデアを提示した。「規制当局や政府関係者から競合他社まで、全てのユーザーが快適に利用できるプライベートなレーンとオープンなレーンの両方を提供する必要がある」(ドーアティ氏)

新規投資か既存リソースの活用か

 この二分法は、プラットフォーマーとパートナーのどちらになるかを判断する財務的側面だとドーアティ氏は述べる。時間の経過とともに拡張できる商用プラットフォームを作成するために必要な資産(リソースと投資能力)があるかどうかが問題だ。「プラットフォームビジネスを開始しようとしているのだから、1回きりの投資判断ではない」(ドーアティ氏)

製品サービスか成果か

 「顧客に何を提供するのか。引き続きトラクターを売りたいのか。それとも成果を売りたいのか」とドーアティ氏は聴衆に問いかけた。そして、穀物生産高など測定可能な結果を例に、法人顧客と一般消費者の購買習慣が変化していることを示唆した。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...