2016年01月05日 15時00分 公開
特集/連載

ネットバンキング情報を盗む「Spy Banker Trojan」Googleのクラウドサービスを悪用――進化するマルウェアへの対抗策は?

米Zscalerは、米Googleのパブリッククラウドサービスを悪用するマルウェア「Spy Banker Trojan」の新しい組織的活動を発見した。

[Rob Wright,TechTarget]

関連キーワード

Google | Google Compute Engine


ThreatLabZによるレポート《クリックで拡大》

 米Zscalerのセキュリティ研究員は2015年12月10日、米Googleのパブリッククラウドサービスを悪用する「Spy Banker Trojan」マルウェアの組織的活動を発見した。同社のリサーチ部門であるThreatLabZのレポートによると、Spy Banker Trojanは、Googleのクラウドを利用してマルウェアのダウンローダーをホストしているという。

 そのレポートはまた、ブラジルでポルトガル語を使用するユーザーを標的にしたマルウェアが発生しているとして、そのマルウェアが「Facebook」「Twitter」およびその他のソーシャルネットワークサービスに対してソーシャルエンジニアリング攻撃を行い、Spy Banker Trojanのダウンローダー用の悪意のあるリンクをユーザーにクリックさせているとも報告している。このダウンローダーがインストールされると、Spy Banker Trojanは感染したユーザーのネットバンキングの資格情報を盗むという。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。