2016年01月05日 15時00分 公開
特集/連載

Googleのクラウドサービスを悪用――進化するマルウェアへの対抗策は?ネットバンキング情報を盗む「Spy Banker Trojan」

米Zscalerは、米Googleのパブリッククラウドサービスを悪用するマルウェア「Spy Banker Trojan」の新しい組織的活動を発見した。

[Rob Wright,TechTarget]

関連キーワード

Google | Google Compute Engine


ThreatLabZによるレポート《クリックで拡大》

 米Zscalerのセキュリティ研究員は2015年12月10日、米Googleのパブリッククラウドサービスを悪用する「Spy Banker Trojan」マルウェアの組織的活動を発見した。同社のリサーチ部門であるThreatLabZのレポートによると、Spy Banker Trojanは、Googleのクラウドを利用してマルウェアのダウンローダーをホストしているという。

 そのレポートはまた、ブラジルでポルトガル語を使用するユーザーを標的にしたマルウェアが発生しているとして、そのマルウェアが「Facebook」「Twitter」およびその他のソーシャルネットワークサービスに対してソーシャルエンジニアリング攻撃を行い、Spy Banker Trojanのダウンローダー用の悪意のあるリンクをユーザーにクリックさせているとも報告している。このダウンローダーがインストールされると、Spy Banker Trojanは感染したユーザーのネットバンキングの資格情報を盗むという。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...