短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【前編】

セキュリティベンダーがネットワーク上の脅威を見つけ出すまでの時間は年々短くなっているという。しかし、企業にとってのリスクはそれほど低減されず、場合によっては高まっている。その理由とは?

2016年02月16日 15時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
イメージ画像

 2016年度の「Ciscoセキュリティレポート」は、サイバーセキュリティの二重性を強調し、さまざまな課題について解説している。より効果的かつ効率的な攻撃手法を模索している脅威の因子と、その変化に対応するセキュリティプロバイダーの終わりなき戦いとして、滞留時間と暗号化について取り上げている。

脅威を検出するまでの時間について

 Ciscoにとってプラス要素となるはずの統計の1つは、2015年5月以降、同社がネットワークの既知の脅威を検出する平均時間(または脅威の滞留時間)を17時間に短縮していることだ。ただし、この測定基準は脅威の因子とセキュリティプロバイダー間の「駆け引き」を表したもので、特定の時点でどちらが優勢かということを確認する方法として使用されるべきである。そう語るのは、同社でセキュリティビジネスグループのプリンシパルエンジニアを務めるジェイソン・ブルベニク氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。