2016年08月31日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Google Apps」 vs. 「Office 365」Gmailが大人気でも「Microsoft Outlook」が使われ続ける“切実な事情” (1/2)

「Google Apps for Work」と「Office 365」の戦いにおいて、Microsoftは自社製品に対するユーザーの強い愛着をフルに利用している。ただし、忠実な支持者はGoogleにもいる。

[Jason Sparapani,TechTarget]
Office 365 Microsoft製品の根強い支持に支えられるOffice 365(画面は日本マイクロソフトのサービス紹介ページ)《クリックで拡大》

 カナダの鉱業企業Hudbay Mineralsで最高情報責任者(CIO)を務めるジョー・アビダウド氏は2012年、社内のメールシステムをMicrosoftの「Microsoft Exchange」からGoogleのオンライングループウェア「Google Apps for Work」へ切り替えた。その際、アビダウド氏が従業員に出した指示は「今後はGoogleを使うように。デスクトップメールクライアント『Outlook』はもはや使えなくなる」という極めてシンプルなものだったという。

 この指示に対する従業員の反応は冷ややかだった。

「Outlookに戻せないのか」

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...

news071.jpg

TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず...