2016年10月12日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10デバイス10億台時代」が2019年にやってくる“これだけの根拠”4億台に到達も、普及ペースは鈍化が鮮明

「10億台のWindows 10デバイス」を目標に据えるMicrosoft。2016年9月に4億台を達成したが、台数の伸びには鈍化傾向が見られる。目標達成はいつなのか。既知の数字を基に考える。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像 Windows 10の10億台達成はいつか(画面はMicrosoft Igniteのイベント紹介ページ)《クリックで拡大》

 Microsoft幹部は、同社のカンファレンス「Microsoft Ignite」が開幕した2016年9月26日、「Windows 10」が現在、4億台のアクティブデバイスで動作していることを明らかにした。このおかげで、Windows 10の現在の普及ペースと、従来の平均とを比べて考察することができる。

「4億台到達」が意味すること

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...