「Windows 10デバイス10億台時代」が2019年にやってくる“これだけの根拠”4億台に到達も、普及ペースは鈍化が鮮明

「10億台のWindows 10デバイス」を目標に据えるMicrosoft。2016年9月に4億台を達成したが、台数の伸びには鈍化傾向が見られる。目標達成はいつなのか。既知の数字を基に考える。

2016年10月12日 07時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]
画像 Windows 10の10億台達成はいつか(画面はMicrosoft Igniteのイベント紹介ページ)《クリックで拡大》

 Microsoft幹部は、同社のカンファレンス「Microsoft Ignite」が開幕した2016年9月26日、「Windows 10」が現在、4億台のアクティブデバイスで動作していることを明らかにした。このおかげで、Windows 10の現在の普及ペースと、従来の平均とを比べて考察することができる。

「4億台到達」が意味すること

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...