2016年10月20日 07時00分 公開
特集/連載

買い取られた中古スマートフォンはどのように活用されているのか? その意外に多様な活用法環境だけではなくユーザー企業のコスト削減にも効果

新しいスマートフォンの発売に合わせ、まだ使える従来モデルを処分する企業は少なくない。スマートフォンのリサイクルは環境だけでなく、コスト削減においても大きな効果がある。

[Colin Steele,TechTarget]
スマートフォンの回収ビジネスでは以前からレアメタルの抽出がビジネスの大きな動機となっている

 モバイルデバイスはいつまでも使えるものではない。新モデルを購入しても数年使ったら、また話題の新モデルに買い替えるユーザーや企業は少なくない。従業員にデバイスを支給する企業では、買い換えるデバイスが膨大な数になる。だが、このときに処分する従来モデルはまだ使える。少なくとも、部品にはまだ価値が残っている。

 今、古いデバイスの再生に取り組む企業が登場している。そのような企業では大手の通信キャリアやFacebookなどの大規模企業向けに、スマートフォンの買い取りとリサイクルのプログラムを事業として展開している。新品のように再生した従来モデルを、発展途上国向けに販売し、モバイルコンピューティングの普及を目指す取り組みだ。

 この記事では、スマートフォンの処分が環境に与える影響と、リサイクルによって企業にもたらすメリットについて、現場の意見を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。