2016年11月12日 08時00分 公開
特集/連載

「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?“Surface Pro 5”の単なる前座ではない(1/2 ページ)

Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。

[Jamison Cush,TechTarget]
写真 写真1 Surface Studio《クリックで拡大》

 Microsoftがリリースを予定している新しいディスプレイ一体型デスクトップPC「Surface Studio」から興味をそらすのは難しいだろう(写真1)。28型の「PixelSense」ディスプレイの解像度は4500×3000ピクセルと非常に高く、ベゼル(額縁)は狭い。

 このSurface Studioこそが、「Surface」シリーズの責任者パノス・パナイ氏が、「Windows 10」を搭載した初のデスクトップ型Surfaceに求めていたものを具現化した製品だ。同氏は、コンテンツクリエイターがデスクトップ型Surfaceで作業に没頭できるようになることを望んでいた。

“無重力ヒンジ”

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...