2016年12月07日 12時00分 公開
特集/連載

「ランサムウェア」感染で運賃が無料に? 米市営交通局で何が起きたのか懸念される重要インフラへの影響(1/2 ページ)

米サンフランシスコ市交通局がランサムウェア攻撃を受け、運賃を一時無料化する事態に追い込まれた。身代金を払うことなくシステムを復旧させたものの、課題は残る。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

ウイルス対策 | マルウェア | ウイルス


画像 ランサムウェアの被害が広がっている

 米国のサンフランシスコ市交通局(SFMTA)は、身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」に攻撃されたシステムを復旧し、データの流出は一切なかったと説明した。一方で攻撃側の主張は、交通局の説明とは食い違っている。

 SFMTAは2016年11月25日(金曜日)の午前、ランサムウェア攻撃に見舞われた。広報担当のクリステン・ホランド氏がブログに記載した説明によると、地下鉄区間のある路面電車「Muni Metro」について、「潜在的リスクあるいは乗客に迷惑を掛ける可能性を最低限に抑える」目的で、万全を期すため駅の券売機と改札機を停止した。その結果、乗客が無料で乗車できる状態になった。電車の運行に支障は出なかったという、

攻撃の実態は

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...