2017年01月24日 12時00分 公開
特集/連載

Gartnerレポートが明かす、「最高データ責任者(CDO)」台頭の予兆2020年までに経営幹部クラスに

最高データ責任者(CDO)の企業における影響力が増している。Gartnerは、CDOが人員配置、予算、固有の権限を備えた存在になりつつあることを明らかにした。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | データ分析 | 経営


 Gartnerのレポートによると、「最高データ責任者(CDO)」は企業における影響力を増しているという。Gartnerが“CDOのオフィス”と位置付ける新たな部門は、人員配置、予算、固有の権限を備えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...