2017年01月24日 12時00分 公開
特集/連載

Gartnerレポートが明かす、「最高データ責任者(CDO)」台頭の予兆2020年までに経営幹部クラスに

最高データ責任者(CDO)の企業における影響力が増している。Gartnerは、CDOが人員配置、予算、固有の権限を備えた存在になりつつあることを明らかにした。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | データ分析 | 経営


 Gartnerのレポートによると、「最高データ責任者(CDO)」は企業における影響力を増しているという。Gartnerが“CDOのオフィス”と位置付ける新たな部門は、人員配置、予算、固有の権限を備えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...