SSD vs. クラウド 世代交代を迎えるプライマリーストレージ、次の選択肢は?ストレージ投資動向調査

プライマリストレージとバックアップストレージに関する優先事項の中でも、クラウドは人気が高い。一方、ほとんどの人がプライマリデータストレージに採用しようとしているのがオールフラッシュアレイだ。

2017年05月30日 08時00分 公開
[Dave RaffoTechTarget]

 2010年ごろ、将来を見据えたストレージの専門家たちは、フラッシュとクラウドがゆくゆくはストレージの中で優勢なものになると予想していた。

 TechTargetが実施した2017年の年次調査「IT Priorities Survey」(IT優先度調査)によれば、人気のあるデータストレージの選択肢に関して、その予想は的中している。この調査では、201人の回答者が「ストレージ/バックアップ」と「災害復旧」に最も多くの時間を費やしたと答えている。また、各グループの約半分は、クラウドが主な優先事項だと回答している。クラウドバックアップを優先事項として選んだ48%の回答者は、重要度が低い作業の中ではクラウドを最優先事項と見なしている。また、48%の回答者は、クラウドストレージをプライマリストレージの重要度の高い作業として挙げている。これを上回ったのは、オールフラッシュアレイ(31%)とSSD(30%)の組み合わせだけである。

勢いを増すクラウド

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...