2020年には“コミュニケーション苦手な情シス”は生き残れなくなる?Gartnerが伝授、「2020年ITトレンド」の攻略法(1/2 ページ)

企業のIT部門の前には難問の山が立ちはだかっている。しかも、その多くは予算管理やプロセス計画などIT以外の問題だ。

2017年06月01日 08時00分 公開
[Meredith CourtemancheTechTarget]

関連キーワード

Gartner | IT部門 | IT戦略 | トレンド解説


画像 2020年にはIT部門に求められる役割が一変している可能性が

 インフラとツールが複雑に絡み合い、対応が後手に回る現状を根本的に改善したいと考えているIT担当者は多いだろう。幸い、解決へと導く道はある。

 現在のIT部門の仕事は、システムリソースの配分をはじめとするワークロード管理、システム基盤の監視と運用などだ。一方で2020年のIT部門は、ITサービスブローカーの役割を担わねばならず、自動化、展開、セキュリティなど多様なIT業務を組織的かつ柔軟に評価、統合して経営改善に寄与しなければいけなくなる――。米調査会社Gartnerが2017年5月8日〜10日に開催した「IT Operations Strategies & Solutions Summit」で、同社アナリストのジェフリー・ブルックス氏はそう語った。

 IT部門は、2020年のITトレンドに向けた取り組みを早期に進め、高い成熟度とよりよいビジネスサービスに到達する必要がある。クラウドの利用を前提とした「クラウドファースト」の考え方やソフトスキル(コミュニケーションスキルをはじめとするヒューマンスキル)の重視といったトレンドが予想されている。

迅速かつ時間をかけて進める

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...