2017年06月28日 05時00分 公開
特集/連載

隠れたオブジェクトストレージのメリット「バックアップ不要説」は本当かここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【後編】(3/3 ページ)

[Scott Lowe,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

オブジェクトストレージプラットフォーム市場

 最後に、主要なオブジェクトストレージベンダーの製品を考察してみたい。ここで取り上げるのは、Caringo、DataDirect Networks、Dell EMC、日立データシステムズ、IBM、NetApp、Scalityの製品だ。以下に、各ベンダーが提供する製品の簡単な概要を示す。

 Caringoはスタンドアロンオブジェクトストレージベンダーの1つとして注目に値する。同社は「Caringo Swarm」オブジェクトストレージプラットフォームに加えて、「Caringo FileFly」を提供している。Caringo FileFlyを使うことで、企業はMicrosoftの「Windows」とNetAppの既存のファイル共有をCaringo Swarmクラスタに移行できる。

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...