デジタルトランスフォーメーション“周回遅れ企業”が今からでも活用すべきサービスと技術成功企業、実は一握り

調査会社Ovumが行った調査では、デジタルトランスフォーメーションを完全に実現したと考えているIT幹部はわずかしかいなかった。この結果は、ITサービス企業がビジネスチャンスを見いだすヒントになるだろう。

2018年02月07日 05時00分 公開
[John MooreTechTarget]
画像 デジタル変革を共に進めるパートナーになるか

 デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)をサービスとして提供する企業には、多くのビジネスチャンスが待ち受けている。

 調査会社Ovumが公開した調査結果によると、デジタル変革を成功、達成したと答えたIT幹部はわずか8%、変革がかなり進んだと答えたのも16%にすぎなかった。この調査は、全世界で6300人を超えるIT幹部に行ったインタビューに基づいている。

 デジタル変革の進展を求めるニーズはまだ十分にある。そのため、企業の代理でデジタル変革を進める企業には、デジタルサービス構築を支援するというビジネスチャンスが生まれる。こう指摘するのは、OvumでITデータツールのディレクターを務めるダニエル・マヨ氏だ。ただし同氏は、サービスを提供する企業には、より広範なスキルが求められるようになるとも話している。

 「デジタル変革の“鍵”は企業の顧客が握っている」(同氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...