2018年10月26日 05時00分 公開
特集/連載

自動応答で顧客対応を自動化クラウドでコンタクトセンターを効率化する「Amazon Connect」が国内で本格展開

「Amazon Connect」は設備投資や人件費の削減、導入期間の短縮につながるコンタクトセンターシステムだ。提供元のアマゾン ウェブ サービス ジャパンは、その東京リージョンにおける提供計画を発表した。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]
画像

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、クラウドで利用できるコンタクトセンターシステム「Amazon Connect」を東京リージョンで提供開始する。2017年の提供開始からこれまで、国内のユーザー企業には、シドニーリージョンで同サービスを提供していた。東京リージョンで提供することで、ユーザー企業は国内の電話番号帯を利用したり、データを国内のデータセンターに蓄積したりできる。2018年末から2019年始めにかけて提供を開始する。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...