2018年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

パートナー連携と企業買収でエコシステムを拡充Tableauの開発者向け新機能、拡張APIでサードパーティー製ツールの連携強化

Tableauの新しいデベロッパープログラムによって、開発者は「Tableau Online」開発サンドボックスとサンプルコードを無料利用できるようになった。サービス概略と同社の販売戦略を考察する。

[Mark Labbe,TechTarget]

 Tableau Softwareは、カスタマイズ性の向上とサードパーティー連携強化の一環として、Tableau拡張APIを構築する新しいデベロッパープログラムを発表した。

 2018年10月22日〜25日に米国ニューオーリンズで開催したイベント「Tableau Conference 2018」で発表されたこのプログラムは、2018年初頭のソフトウェアアップデートで導入したTableau拡張APIを使用している。これにより、ユーザーや開発者がセルフサービスプラットフォームを公開し、多様なビジネスインテリジェンス(BI)アプリケーションに対応するダッシュボードの拡張機能を作成して共有することが可能になった。

Tableauはプラットフォームを強調

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

夫婦で共用するものとしないものの境界線――プラネット調べ
11月22日は「いい夫婦の日」。ハンドタオルは夫婦で共有するけれどバスタオルは? 寝室...

news156.jpg

若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表...

news003.jpg

日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました...