2018年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

パートナー連携と企業買収でエコシステムを拡充Tableauの開発者向け新機能、拡張APIでサードパーティー製ツールの連携強化

Tableauの新しいデベロッパープログラムによって、開発者は「Tableau Online」開発サンドボックスとサンプルコードを無料利用できるようになった。サービス概略と同社の販売戦略を考察する。

[Mark Labbe,TechTarget]

 Tableau Softwareは、カスタマイズ性の向上とサードパーティー連携強化の一環として、Tableau拡張APIを構築する新しいデベロッパープログラムを発表した。

 2018年10月22日〜25日に米国ニューオーリンズで開催したイベント「Tableau Conference 2018」で発表されたこのプログラムは、2018年初頭のソフトウェアアップデートで導入したTableau拡張APIを使用している。これにより、ユーザーや開発者がセルフサービスプラットフォームを公開し、多様なビジネスインテリジェンス(BI)アプリケーションに対応するダッシュボードの拡張機能を作成して共有することが可能になった。

Tableauはプラットフォームを強調

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...