2018年12月28日 05時00分 公開
特集/連載

ユーザーエクスペリエンスを改善TableauがAI機能を強化、NLP(自然言語処理)ツールも追加

ユーザーエクスペリエンスの改善のために、「Tableau 2019」はAIツールとNLP(自然言語処理)ツールを追加する。このバージョンは現在パブリックβ版として公開されている。

[Mark Labbe,TechTarget]
Tableau Conference 2018の基調講演に登壇したTableau Software CEOのアダム・セリプスキー氏

 Tableau SoftwareはBIおよびデータ可視化プラットフォーム「Tableau 2019」において、さまざまなスマート機能を追加する計画だ。

 Tableau Conference 2018で発表されたTableauの新機能には、Ask Dataにテキスト形式で質問を入力してインサイトを発見する機能、より多くのデータモデリングの自動化、ユーザーの集中管理とデータ準備のワークフロー管理オプションを提供するTableau Prep Conductorが含まれる。

 これらの機能の多くは、カンファレンスで公開されたパブリックβ版「Tableau 2019.1」で利用できる。

待望の機能がついに搭載される

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。