2020年02月18日 05時00分 公開
特集/連載

2020年のAIトレンド【後編】「AI」の進化が“脱クラウド”を加速させる? その理由とは

人工知能(AI)技術の進化や多様化は、自然言語処理のさらなる高度化をもたらし、企業のクラウド利用に影響を与える可能性がある。それはどういうことなのか。専門家の声を基に2020年のAI関連市場の動向を予想する。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 2020年は、ビジネスインテリジェンス(BI)をはじめとする分析への人工知能(AI)技術の活用や、AI技術を使った自然言語処理(NLP)の能力が高まる見通しだ。特に「NLP技術は進化し続ける」と、仮想アシスタントを手掛けるConversicaのチーフサイエンティスト兼シニアバイスプレジデントのシド・レディー氏は予想する。

進化を遂げる「自然言語処理」

 人の言語は複雑で、何百個、何千個もの単語がある。「変わり続ける構文や意味論(セマンティクス)、語用論(プラグマティクス)、相当のあいまいさが理解を難しくしている」とレディー氏は指摘する。「AI技術の進化の一環として、NLPとディープラーニングは言語の処理と理解における非常に効率的なパートナーになり、そのニュアンスや意図をもっとはっきり認識できるようになる」(同氏)

 AI技術にかかわる巨大IT企業のうち、Amazon Web Services(AWS)が2019年12月に披露したAI駆動型検索サービス「Amazon Kendra」は、自動的にビジネスデータを基にインデックスを作成して検索できるようにする。ユーザー企業は、同様のツールがアプリケーションに組み込まれたり、スタンドアロン製品として販売されたりすることを期待できる。

 2020年はチャットbotや音声アシスタントを導入する動きも広がる見通しだ。そうした技術は導入コストが下がって導入が容易になり、かつ高度化が進む可能性がある。ただし企業がコンタクトセンターの従業員を完全にチャットbotと入れ替えることはなさそうだ。それよりも人の従業員とソフトウェアロボットワーカーのペアによる効率性を向上させ、ソフトウェアロボットには簡単な質問に答えさせて、難しい質問はペアを組む人間の従業員に振り向けるようになる。「2020年は人とマシンのコラボレーションが重視されるようになる」とフェルナンデス氏は予想する。

「AIチップ」と「エッジAI」で脱クラウドが進む?

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。