2019年12月24日 05時00分 公開
特集/連載

機械学習の代表的アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは?機械学習を始めるなら知っておきたいアルゴリズム5選【後編】

機械学習にはさまざまなアルゴリズムがあることを知っているだろうか。代表的な機械学習アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」について紹介する。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習 | アルゴリズム


 前編「機械学習の代表的アルゴリズム『線形回帰』『決定木』とは?」は、主要な機械学習アルゴリズム5種類のうち「線形回帰」「決定木」について説明した。後編は残る3種類の機械学習アルゴリズムを紹介する。

アルゴリズム3.サポートベクターマシン

 サポートベクターマシン(SVM)はデータセットを分析して複数のクラスに分類する機械学習アルゴリズムだ。トレーニングデータを基にクラスを分ける「線」を見つけ、各クラスのマージン(線とクラス間の距離)を最大化するように、新たに入力したデータをクラスに分類する。

 特性上、SVMは線で明確に分離できるトレーニングデータに向いている。非常に複雑なトレーニングデータ(顔や性格特性、ゲノム、遺伝物質など)ではクラスが細分化され、特定が難しくなるため人による分類が必要になる。SVMは現在と将来のデータセットで比較的高精度の分類を実現できるため、財務分野で多く使われている。

 テクノロジーサービス企業Clairvoyantの最高技術責任者(CTO)を務めるシェカール・ベムリ氏によると、非線形データや多様なデータセットを扱う企業の間では、SVMによる画像分類が注目されている。例えば製造会社では、生産する製品の高解像度画像を撮影し、欠陥があれば品質管理担当者が画像に注釈を付ける。このようにして蓄積した大規模な画像データセットがあれば、SVMによって「生産品の欠陥を自動で識別することが可能になる」とベムリ氏は説明する。

アルゴリズム4.k平均法(k-means)

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...