2020年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

国内パブリッククラウド市場が1兆円規模に、新型コロナでDaaSも急拡大かクラウドニュースフラッシュ

企業や自治体が重要なシステムをクラウドに移行する動きが広がっている。それを象徴するクラウド関連の主要なニュースを紹介する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 組織の重要なシステムをクラウドに移行する動きが広がる中、民間企業だけでなく自治体や政府機関が必要とする高度なセキュリティ基準を満たすクラウドサービスを提供する動きが広がりつつある。本稿は金融機関のクラウド移行事例から、自治体や政府機関向けの新たなクラウドサービス、クラウド市場の動向など、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。

福井県基盤の福邦銀行が「IBM Cloud」にシステム移行

 移行対象のシステムは、自行のサーバで運用していた財務管理や総務など、業務ごとに細分化して構築したオープン系システム。新システムは2020年6月30日に稼働開始する。同行との包括提携を決定した福井銀行が先んじてオープン系システムをIBM Cloudに移行しており、両行のシステム運用を連携させることで、コスト削減など効率化につなげる狙いがある。IBM CloudでVMwareの仮想化製品を使ったインフラを構築する「VMware on IBM Cloud」を利用する。(発表:日本アイ・ビー・エム<2020年3月13日>)

国内パブリッククラウドは1兆円市場に、基幹系の移行が進む IDCが予測

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。