権利もなければ保護もない――「ギグワーカー」の“甘くない現実”はこれだ「ギグワーク」の明と暗【中編】

インターネット経由で単発や短期の仕事を請け負う「ギグワーカー」は、雇用関係が不明瞭な中で、厳しい労働環境を強いられている。決して甘くないギグワーカーの実態とは。

2023年03月18日 10時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


 インターネット経由で単発や短期の仕事(ギグワーク)を請け負う「ギグワーカー」は、広義には「非正規雇用労働者」に分類される。米国では他にも臨時(派遣)社員、フリーランサー、個人事業主などが非正規雇用労働者に該当する。

 ギグワーカーなどの非正規雇用労働者は、厳しい現実に直面している。その実情とは。

「ギグワーカー」が直面する“甘くない現実”はこれだ

 非正規雇用労働者は概して、不安定な短期の仕事に就いており、福利厚生もなく、権利や契約による保護もほとんどない――。Barry Commoner Center for Health and the Environmentの上級研究員であるイザベル・クエルボ氏はこう説明する。Barry Commoner Center for Health and the Environmentは、City University of New York's Queens College(ニューヨーク市立大学クイーンズ校)付属の研究機関で、労働安全衛生や社会環境に関する問題を扱っている。

 クエルボ氏は、米国学術機関の統合団体である全米アカデミーズ(United States National Academies)が2022年12月に公開したウェビナー「Precarious Work in the United States and the Impact of COVID-19」で、「不安定就労者」(Precarious Workers)をテーマに講演した。不安定就労者とは、低賃金で雇用契約が明確ではなかったり、安全ではなかったりする仕事に従事する労働者を指す。

 米国で建設業、肉体労働、清掃、保育、小売り、飲食サービスなどの職種は「有色人種、特に移民に偏っている」と、クエルボ氏はウェビナーで述べた。同ウェビナーに登壇したHoward University(ハワード大学)経済学部助教授のジェベイ・グルームズ氏は、講演の中で「不安定就労者は不確実で予測不可能、かつリスクの高い雇用形態だ」と指摘した。

 クエルボ氏とグルームズ氏が説明した不安定就労者の定義は、必ずしもギグワーカーの定義と一致するわけではない。ただし、どちらも同様の問題を抱えている。


 後編は、ギグワークに関する規制の強化に向かう、米国の状況を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...