「ESG」のために「AI」を生かす企業はどれくらいあるのか?ESGのためのAI活用法【第3回】

企業がAI技術を活用する目的は、さまざまだ。「ESG」(環境、社会、ガバナンス)分野でAI技術を活用する企業は、どれくらいあるのか。IBMによる調査結果から探る。

2023年03月29日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 企業の35%が人工知能(AI)技術をビジネスに活用しており、42%が現在のアプリケーションやプロセスへAI技術を組み込もうとしている――。これは、世界のAI技術導入状況をまとめたIBMの調査レポート「IBM Global AI Adoption Index 2022」が明らかにした事実だ。

こんなにあった「AIでESG」に取り組む企業

 レポートによると、世界中の企業がAI技術を利用して、「ESG」(環境、社会、ガバナンス)の取り組みを推進している。AI技術を既に利用している企業のうち64%が、ESG関連の取り組みを加速させるためにAI技術を活用している。レポートは、調査会社Morning ConsultがIBMの委託により、世界中の7502社の企業を対象に実施した調査に基づく。

 「企業は、自社ビジネスの環境への影響を理解するために、AI技術を利用し始めている」と、コンサルティング企業Ernst & YoungのグローバルAIコンサルティングリーダー、ダン・ディアシオ氏は説明する。具体的には、企業は自社の二酸化炭素(CO2)排出量やエネルギー消費量といった環境に関するデータを測定、分析する手段として、AI技術を役立てている。

 環境に関するデータを手に入れることで、企業はビジネスの変更が環境にどう影響するのかを分析するためのモデルを構築しやすくなる。AI技術は、ビジネスに関する意思決定の際に、経営陣にさらなる重要な情報をもたらすことになる。「最適な選択肢の特定が、AI技術の本当の用途だ」とディアシオ氏は言う。


 次回は、企業がAI技術を使ってESGの取り組みを進めるメリットを整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。