航空会社や農業会社は「AI」で「ESG」をどう実現しているのか?ESGのためのAI活用法【第2回】

「ESG」(環境、社会、ガバナンス)分野でのAI技術の用途は、業種によって異なる。具体的にはどのような用途があり、業種ごとにどのような違いがあるのか。航空会社や農業会社を例に考える。

2023年03月27日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 企業は人工知能(AI)技術を利用した、エネルギーの効率的利用や使用量削減の方法を模索している。設備や人員の配置パターンをAI技術で分析することで、企業はエネルギー消費を最小限に抑えるために、人をオフィスに入れる最適な時間帯を判断しやすくなる。

業種で異なる“AIでESG”の具体例

 こうした「ESG」(環境、社会、ガバナンス)分野でのAI技術の用途は、業種によって変わる――。専門家はそう指摘する。具体的にはどのような業種特有の用途があるのか。

 調査会社Gartnerのバイスプレジデントアナリストであるエリック・ブレテヌー氏によると、航空会社は航空機の燃料消費量を削減するためにAI技術を使用している。燃料消費量の削減は、コスト削減の手段であると同時に、環境の改善にもつながる。

 農業会社は、植物の成長に関係する天候や土壌、種子に関するデータだけではなく、経済状況といった他のさまざまなデータを利用している。「収穫量を最大化しながら、水や肥料といった資源を最小限に抑える方法を決定するために、AI技術が役立つ」とブレテヌー氏は説明する。

 AI技術には、太陽光発電所や風力発電所、電気自動車の充電ステーションなどの最適な設置場所を決定するといった用途もある。これは持続可能なエネルギー市場の成長を促すとの考え方がある。


 次回は調査結果を基に、ESGのためにAI技術を活用する企業の実態を探る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。