「プログラミングはつまらない」説を論破する“納得の根拠”はこれだソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第3回】

プログラミングを「つまらない」「クリエイティブではない」と考える人がいる。そうした考えは正しいのか。単なる“神話”だとすれば、実際のところはどうなのか。

2023年05月26日 10時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 ソフトウェア開発業界に存在する、誤解に基づく10個の“神話”を紹介する本連載。その中から本稿は、5つ目と6つ目を取り上げる。紹介するのは、ソフトウェア開発の基本要素であるプログラミングに関する神話だ。今や企業だけではなく初等教育機関にも広がるプログラミングに、どのような神話があるのか。

神話5「プログラミングはつまらない」

 ソフトウェア開発に携わり、生き生きと活躍するのは素晴らしいことだ。ソフトウェア開発業界で半世紀以上のキャリアを持つエンジニアから「夜遅くまでプログラミングに取り組み、早起きしてキーボードに向かい、夢から覚めたようなひらめきを得る体験をした」といった話を聞くことがある。プログラミングに没頭するあまり、時間を忘れて朝まで続けてしまうエンジニアは珍しくない。

神話6「プログラミングはクリエイティブではない」

 「クリエイティブなことが好き。だからプログラミングは好きじゃない」。こうした話を聞くたびに、私はいつもイライラする。プログラミングには創造性が必要だ。ソフトウェア開発チームで際立つ人は、困難かつ複雑な問題に対して、信じられないほど創造的な解決策を思い付く。

 API(アプリケーションプログラミングインタフェース)の仕組みは誰でも学べる。だがAPIを使いこなし、APIを使って問題を解決するプログラミングには、非常に高い創造性を必要とする。マイクロサービス(機能ごとに独立した小規模サービス)の開発とタップダンスの振り付けに必要な創造性には、確かに違いがある。だが「プログラミングがクリエイティブではない」と決め付けるのは、適切ではない。


 第4回は、7つ目の神話を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。