不況でもAppleの「デバイス以外」が売れる理由とは2023年2Q業績に見るAppleの戦略【後編】

Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「Apple Pay」や「App Store」といったサービス事業の業績と、今後の同社の狙いを紹介する。

2023年06月13日 05時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「iPhone」や「Mac」といったデバイスの売上高や今後の戦略を紹介した前編に続き、後編ではデバイス以外の業績を紹介する。

「デバイス以外」に注目の訳

 Appleの2023年第2四半期の売上高は948億ドルだった。その中でも好調だったのがサービス事業で、209億ドルと過去最高の売上高を記録した。

 Appleの最高財務責任者(CFO)ルカ・マエストリ氏は、決済サービスの普及について好調だと述べる。特にモバイル決済機能「Apple Pay」と「Apple Card」の利用が拡大しており、「採用率は非常に好調に増加している」と同氏はコメントする。

 クラウドストレージ事業も安定した成長を見せているとマエストリ氏は話す。「ユーザーはより多くの写真や動画といったコンテンツを保存したいと考え、当社のクラウドサービスを利用している」(同氏)

 サブスクリプション事業では、アプリケーションストア「App Store」が全般的に引き続き力強く成長しており、現在の有料サブスクリプション数は9億7500万件以上と3年前のほぼ2倍となった。「サブスクリプションの伸びが非常に好調なのははっきりしている」とマエストリ氏は話す。

 業績発表では、人工知能(AI)の計画の有無についての質問がApple幹部に投げ掛けられた。同社のCEOティム・クック氏は、製品のロードマップについては言及しなかったものの、「機械学習といったAI技術とエコシステム全体の統合については、間違いなく大きく前進している」と語っている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...