無線LAN「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)より面白い“次に来る無線通信”は何?無線LANの未来はどうなる?【中編】

無線LANは利用可能な周波数帯が加わることでより利用しやすくなる。ただし企業にとって今後必要なネットワーク技術は、無線LANばかりではない。

2023年08月21日 05時00分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

関連キーワード

無線LAN | Wi-Fi | ネットワーク


 無線通信の分野で昨今起きた変化の一つを挙げるとすれば、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に6GHzの周波数帯が追加された点だ。この周波数帯は、無線LANの次期規格でも使われる見込みで、注目の動きであることに間違いない。ただしそれよりも、他の無線通信技術に注目するネットワーク管理者もいる。

IEEE 802.11be(Wi-Fi 7)より面白い「無線通信」の現状

 IEEE 802.11axは、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる製品認証プログラムの名称では「Wi-Fi 6」または「Wi-Fi 6E」になる。6GHzの周波数帯を追加するのはWi-Fi 6Eの仕様だ。6GHzは、次期規格である「IEEE 802.11be」(Wi-Fi Allianceの製品認証プログラムでは「Wi-Fi 7」)の仕様にも含まれる。

 無線LANは従来、周波数帯としては2.4GHz帯か5GHz帯を使用するのが一般的だった。6GHz帯が追加されることで、無線LANが利用可能な周波数帯は一気に広がる。電波利用の混雑や干渉といった、2.4GHz帯や5GHz帯を利用する際に発生しがちな課題が、6GHz帯を利用する際に解消されるかどうかは分からない。ただしネットワーク機器やクライアント端末のベンダーが適切にこの周波数帯を扱うことで、無線LANに大革命を起こす可能性を秘めていることは確かだ。

 興味深いことに、クライアント端末のベンダーは、無線LAN管理者が以前から知っていたことに気付きつつある。全てのデバイスの接続が、必ずしも無線LANに適しているわけではないことだ。

 無線LAN以外にも、「5G」(第5世代移動通信システム)を専有ネットワークとして利用する「プライベート5G」がある。他にも、長距離通信が可能な無線WAN(WAN=ワイドエリアネットワーク)、60GHzなどのミリ波、1000MHz以下の免許不要の周波数帯なども無線通信の選択肢になる。

 例えば1000MHz以下の免許不要の周波数帯では、特定用途のデバイスが開発され、個々の用途でそれぞれの通信技術の利点を生かしている。無線LAN管理者は今後、無線LANだけではなく他の無線通信技術も、選択肢として念頭に置くようにした方がよい。


 後編は、テレワークを前提にして無線LANを利用する際に考慮すべき点を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...