2008年01月16日 16時49分 UPDATE
ニュース

NEWSMIJSコンソーシアム、「MIJS標準規格」第1弾を発表

複数アプリケーション間のデータ連携を行うことを目的としたデータ標準規格「MIJS標準規格」を公開。本規格に基づきMIJS参加企業の製品関連携を実現

[TechTarget]

 国産ソフトウェアベンダー24社によるメイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(以下、MIJS)は1月16日、「MIJS標準規格」の第1弾を発表し、MIJSのWebサイト上で一般公開を開始した。MIJS標準規格は、複数アプリケーション間のデータ連携を行うことを目的としたデータ標準規格。

 第1弾では、日々の業務で増えてゆくトランザクションデータである「生産依頼データ」「生産実績データ」「仕訳データ」、アプリケーションにあらかじめ登録しておくマスターデータである「社員マスター」「部門マスター」の5つのデータ標準を策定した。本規格に基づいてMIJS参加企業の製品間連携が実現されており、理論だけでなく実践的な規格であることを強調している。

 同コンソーシアムでは、今後もさらなる改良を加えて本規格をバージョンアップするとともに、順次対象範囲を広げて行く計画だ。また、帳票、ログ、分析といった共通インフラ基盤の整備も視野に入れ、MIJS標準規格として提供する予定だという。

関連ホワイトペーパー

SOA | サイボウズ | 基幹システム | システム構築 | 見える化


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。