2008年01月16日 16時49分 UPDATE
ニュース

NEWSMIJSコンソーシアム、「MIJS標準規格」第1弾を発表

複数アプリケーション間のデータ連携を行うことを目的としたデータ標準規格「MIJS標準規格」を公開。本規格に基づきMIJS参加企業の製品関連携を実現

[TechTarget]

 国産ソフトウェアベンダー24社によるメイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(以下、MIJS)は1月16日、「MIJS標準規格」の第1弾を発表し、MIJSのWebサイト上で一般公開を開始した。MIJS標準規格は、複数アプリケーション間のデータ連携を行うことを目的としたデータ標準規格。

 第1弾では、日々の業務で増えてゆくトランザクションデータである「生産依頼データ」「生産実績データ」「仕訳データ」、アプリケーションにあらかじめ登録しておくマスターデータである「社員マスター」「部門マスター」の5つのデータ標準を策定した。本規格に基づいてMIJS参加企業の製品間連携が実現されており、理論だけでなく実践的な規格であることを強調している。

 同コンソーシアムでは、今後もさらなる改良を加えて本規格をバージョンアップするとともに、順次対象範囲を広げて行く計画だ。また、帳票、ログ、分析といった共通インフラ基盤の整備も視野に入れ、MIJS標準規格として提供する予定だという。

関連ホワイトペーパー

SOA | サイボウズ | 基幹システム | システム構築 | 見える化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...

news126.jpg

「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広...

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...