2008年01月16日 16時54分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、「製番管理方式」で設計と生産を統合管理する産業機械業向けソリューションを発売

「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」を発売。「Obbligato II」と「IFS Applications」を連携させたソフトウェア「Obbligato II-IFS Applications連携テンプレート」とともに、システム構築・運用コンサルティングサービスを提供

[TechTarget]

 NECは1月16日、個別受注生産型の産業機械業界において、部品表や図面などの設計情報と生産計画、購買、製造指示などの生産情報を「製番管理方式(※)」を用いて一元管理する「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」の販売を開始した。NECのPDM(Product Data Management:技術情報管理)パッケージ「Obbligato II」とIFSのERPパッケージ「IFS Applications」を連携させたソフトウェア「Obbligato II-IFS Applications連携テンプレート」とともに、システムの構築・運用までトータルにサポートするコンサルティングサービスを合わせて提供する。

(※)受注単位(製品/半製品)に個体ごとの識別番号である製番(製造番号/工事番号)を付与し、生産計画の立案、製番に基づく部品や資材の発注を行う生産管理手法

 製番管理方式を販売や設計領域まで拡大して適用することにより、製品仕様確定前の標準部品の見込み手配や長納期部品の先行手配、設計・生産部門間での設計変更情報の迅速な共有が可能になり、生産リードタイムを短縮できるという。また、プロジェクト全体の進ちょく状況やコスト把握が可能なほか、SOA技術をベースとすることでシステム変更にも柔軟に対応できるとしている。

 NECではObbligato II-IFS Applications連携テンプレートを2008年3月より出荷開始予定。価格は1800万円から(コンサルティング料金は別途見積もり)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ERP | 生産管理 | SOA | システム構築 | 品質管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...