2008年01月29日 19時10分 UPDATE
ニュース

NEWSエスプリ、名刺情報を一元管理する「楽・楽 顧客データベースサービス」をSaaSで提供

Webフォームへの入力で名刺情報をデータベース管理でき、Webページから検索。携帯電話から検索すれば、表示された電話番号へワンクリックで電話発信が可能。

[TechTarget]

 エスプリは1月29日、名刺情報を一元管理できる「楽・楽 顧客データベースサービス」の提供を開始した。

 名刺情報をWebフォームへ入力することでデータベース化して管理できる。登録情報は、会社名、氏名、日付などの項目で検索でき、外出先での確認も可能。また携帯電話からの検索では、表示された電話番号へワンクリックで電話発信できる。Webフォームの体裁は15項目まで選択できる。

 楽・楽 顧客データベースサービスはSaaS型で提供され、価格は初期費用が3万1500円、月額費用が1万5750円(ともに税込)。

 なお、本サービスは「コンビニIT」と称する同社のデータベースサービスの第1弾となるもので、今後、同様にデータベースを基本とした「FAQ」「事例紹介」などのサービスも展開していく予定。

関連ホワイトペーパー

データベース | 検索 | SaaS | ナレッジマネジメント


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...