2008年02月15日 04時14分 UPDATE
特集/連載

データベースというファクターを考慮しているか?アプリケーションのパフォーマンステストを成功させる3つのポイント

IT部門のリソースを大量に投入してパフォーマンステストを実施したものの、本番業務で予想外のトラブルが──などということのないよう、3つのポイントを伝授する。

[Bill Schneider,TechTarget]

 データベースを利用するアプリケーションのパフォーマンスをテストするのは大変な作業だ。最悪のシナリオは、IT部門のリソースを大量に投入してパフォーマンステストを実施したものの、どういうわけか本番業務で予想外のトラブルが相変わらず発生するというものだ。

 以下に示す3つのポイントは、アプリケーションパフォーマンステストで最大限の成果を得るのに役立つだろう。

1. ビジネス部門のステークホルダーの意見に基づき、明確なパフォーマンス指標と目標を設定する

 理想を言えば、これはシステム要件テストとユーザー受け入れテストの一部であるべきだ。そうでなければ目標が明確に定まらず、パフォーマンステストは際限のない作業になってしまい、ユーザーにしても自分たちの要望が考慮されていなければ、システムのパフォーマンスに不満が残るかもしれない。

2. データベースというファクターを考慮に入れる

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...